股関節の痛みについて

あなたは、今現在このような状況にあるのではありませんか?


・歩くたびに股関節の付け根、前側が痛い

・足を上げて物をまたぐ時に痛い

・良くなる見通しが立たず、暗い気分で日々を送っている

こんにちは、くじらの整骨院院長の高田です。

股関節の痛みで悩む患者さんのほとんどが上記の様な事をおっしゃいます。

また、これだけ多く病院や整骨院が在るにも関わらず、悩んでいる人の数が一向に減らない現状があります。


買い物や家事に支障が出ていませんか?

また、旅行やスポーツが趣味だとしたら、楽しむ事が出来なくなっていませんか


股関節の痛みは、直接命に関わるという訳ではありませんが、生活の質が著しく低下し、沈んだ気持ちで日々を過ごしているのではありませんか?


『最後は手術しかないかもしれない』でも、できれば手術は避けたい。

あなたはそう思って、さまざまな方法を試しているのかもしれません。

しかし、その前にまずは疑って欲しい事があります。

あなたが受けた病院の診断はホントに正しいの?という事です

股関節の付け根、前側が痛い場合、病院では

MRIで画像を撮り…

股関節の軟骨がすり減ってるから、

股関節の筋肉が弱くなっているから、

股関節の臼蓋形成不全だから、

など、こんな風な説明を受けたのでは有りませんか?

でもそれらは当院で改善率、完治率100%であり(付け根前側の痛みの場合)

いまのところ全ての方が治っています。

股関節を構成する、ある筋肉と腱、そこに本当の痛みの原因が有るのです。


もしかしたら、あなたは的外れな治療の犠牲者かもしれません

例えば、病院で軟骨が擦り減っているから痛むのだという、診断を受けたとします。

しかし、痛みの本当の原因は筋肉の硬さだったということもあり得るのです。

この場合、筋肉の硬さを解消してあげれば、痛みから解放されます。

ところが、痛みとは関係のない軟骨や骨の手術に踏み切ってしまい、手術後でも痛みが出る、という方があまりにも多いのが現状なのです。

私にはそれが残念でなりません。


軟骨がすり減っているのに痛みが無い?

ある日、当院の治療で痛みが完全に無くなり来院を終えた患者さんが

「先生久しぶりです、以前に通っていた整形外科で一応MRIを撮ってみたんですよ~」

と報告に来てくれました。

話を聞くと、MRIだと軟骨がすり減っていて…なぜ?痛みは無いのに!という内容でした。

そうです、痛みの原因は軟骨のすり減りとは限らないのです。

病院の診断が絶対に正しいとは限らないのです。

今迄に頂いた感想用紙全て → 患者さんの声1

辛いのなら、是非一度お越しください

ずっと放置している方、どこへ行ってもいまひとつといった難しい状態の方、是非一度いらしてみて下さい。
「その場しのぎで済まさない」本格的な診断・治療技術を一度お試し下さい。当院は、お困りの方の「救世主」でありたいと常々考えております。
今すぐ!予約はこちら→ご予約方法
料金について詳しくは→料金

所在地・連絡先

【西小山院】

東京都品川区小山6-7-11

03-5875-4119

アクセスマップはこちらから

【メールアドレス】

mail@k-seikotu.com

受付時間・診療曜日・休診日
診療時間 : 10:00~20:00
(最終受付19:00)
休診日 : 木・日曜日
くじらの整骨院カレンダー
その他お役立ち情報